MENU

ボンキュート、バストアップサプリの気になる副作用

ボンキュートのようなバストアップサプリを使って不安になるのが副作用。
胸は大きくしたいけど副作用は嫌だ!

 

それは当然ですよね。
まずはバストアップサプリを使ったときの副作用とはいったいどういうものなのか?
それをしっかりと確認しておきましょう。

 

バストアップサプリで心配される副作用とは
生理不順 不正出血 吐き気
頭痛 動悸 むくみ 腹痛
があげられます。

 

これらの副作用が起こる原因は?
実は、これはホルモンバランスが崩れたときに起こりやすい症状と同じなんです。

 

バストアップサプリを使うとホルモンバランスが崩れるの?

副作用を心配する人はのんだらすぐに副作用の症状が現れる十も我がちですが
そうではありません。
副作用(サプリメントですので適切な表現ではありませんが)が起こるのには条件があります。

 

ご自身が摂っているバストアップサプリの主成分がエストロゲンメインのものであると
生理周期でいうところの黄体期にそのサプリメントを摂取すると
副作用が起こりやすくなるのです。

 

黄体期と卵胞期に分泌されるホルモンが違う

女性には生理周期があり、その周期によって分泌されるホルモンの種類が違ってきます。
卵胞期にはエストロゲンが多く分泌され
黄体期にはプロゲステロンが多く分泌されます

 

つまり、黄体期にエストロゲンメインのサプリメントを多く服用すると
本来プロゲステロンが多く分泌され泣けラバいけないのにエストロゲンの方が多くなり
生理不順などが起きてしまうのです。

 

バストアップサプリを安心して使うには

副作用の心配をしなく安心して使うには
黄体期の時はエストロゲン系のバストアップサプリは使用しないかもしくは量を減らす。
プロゲステロン系のサプリを使うことがオススメです。

 

生理周期に合わせてエストロゲンがメインのバストアップサプリでしたら量を調節してみて下さい。
ちなみにボンキュートはプエラリア・ミリフィカが配合されていますからエストロゲンがメインの成分になっています。

 

1日5〜10粒を目安に飲んで下さいと書いてありますから、生理周期に合わせて飲む粒を調節しやすくなっています。